金融機関の督促について

2012年12月 5日 18:37

11月以降、任意売却の相談が急増しています。特にボーナス併用で支払いをされている方の相談内容は深刻です。

 

先日、ご相談いただいた方は、この20年間住宅ローンの支払いを一度も遅れたことが無かったのですが、いろんな事情によりとうとう3ヶ月滞納してしまいました。

 

遅れた最初は、郵便物が届く程度ですが、2回、3回と遅れることで、金融機関の窓口も変わり、口調も内容も少々厳しいものだったようです。

 

回収の専門用語や厳しい口調も重なり、相当精神的に滅入ったようです。

 

住宅ローンの滞納者に対する督促に手順については、段階ごとでマニュアル化されており、遅れた方は、3回目ぐらいの督促が一番きついようです。

 

20年間の支払額や実績などは考慮されず、同じように督促されるのは仕方ないことですが、本当に気の毒な相談者も多くいます。

 

1ヶ月、2ヶ月と遅れだしたときは、精神的にも一番つらいときです。これからどうなるのか?どうしたらいいのか?何もわからずますます状況が悪くなってから相談にこられるコースも多くあります。

 

住宅ローンや任意売却の仕組みを理解するだけでも、精神的な負担の軽減は明らかです。

どんなことでも結構ですので、まだ遅れていないが、来月の支払いやボーナス払いが苦しいと思われたら一度私に相談してみてください。

 

皆様のお役に立つことが私たちの使命です。



このページの最上部へ